「東レキャンギャル」に 朝香りほさん 24歳のモデル

東レは1日、2017年の「東レキャンペーンガール」に滋賀県出身のモデル、朝香りほさん(24)を起用すると発表した。今後1年にわたり、水着素材などの同社製品をPRする。

 東レは17年シーズン(16年9月~17年8月)の水着商戦で、極細のアクリル繊維を使用し、軽く、柔らかい着心地が特徴の新素材「トリンティエア」を展開する。東京都中央区の東レ本社で会見した朝香さんは、トリンティエアを使った水着を着て登場。「見た目はデニムのようだけど、手に取ったときにすごく柔らかくてびっくりしました」と感想を語った。

 東レは、1981年から水着キャンペーンガールを開始。昨年、現在の東レキャンペーンガールへと改称した。これまでに山口智子さん、藤原紀香さん、菊川怜さんらを輩出するなど、スターへの登竜門のひとつとなっている。

 歴代最年長就任で、4歳から11年間習ったクラシックバレエで培った164センチ、B80W58H85の抜群のスタイルとショートカットが印象的な元気娘。東レ発祥の地である滋賀県出身であることに縁を感じているようで、「これから1年、東レの顔として魅力を伝えていきたい」と意気込んだ。

 母親の話になると、「(就任を)本当にビックリしていて、『あんたで大丈夫なの!?』と言っていたけど、いまは応援してくれる…」と感極まって涙。初々しい一面も見せていた。